あなたのカート

規約と条件

目次

第 1 条 – 定義
記事 2 – 起業家の身元
第 3 条 – 適用性
記事 4 – オファー
第5条 – 契約
第6条 – 撤回の権利
第 7 条 – クーリング オフ期間中の消費者の義務
第 8 条 – 第 8 条 – 消費者による撤回権の行使とその費用
記事 9 – 記事 9 – 撤回の場合の起業家の義務
第10条 – 撤回権の排除
第11条 – 価格
第 12 条 – コンプライアンスと追加の保証
第 13 条 – 配信と実装
第 14 条 – 延長された取引: 期間、終了、および延長
第15条 – 支払い
第 16 条 – 苦情手続き
第17条 – 紛争
第 18 条 – 追加または異なる規定

第 1 条 – 定義

これらの条件では、次の用語は以下のように定義されます。

  1. 追加契約: 消費者が距離契約に関連して製品、デジタル コンテンツ、および/またはサービスを取得し、これらのアイテム、デジタル コンテンツ、および/またはサービスが、この第三者間の契約に基づいて起業家または第三者によって配信される契約党と起業家;
  2. クーリングオフ期間: 消費者が撤回権を行使できる期間。
  3. 消費者: 取引、ビジネス、工芸、または専門的活動に関連する目的のために行動しない自然人。
  4. 日: 暦日;
  5. デジタルコンテンツ: デジタル形式で作成および配信されるデータ。
  6. 長期契約: 特定の期間中のアイテム、サービス、および/またはデジタルコンテンツの定期的な配信を提供する契約。
  7. 耐久媒体: 消費者または起業家が個人的に宛てられた情報を保存することを可能にするツール (電子メールも含む)保存された情報の変更されていない複製。
  8. 撤回権: 消費者がクーリングオフ期間内に距離契約をキャンセルできる可能性。
  9. 起業家: Thuiswinkel.org のメンバーであり、離れた場所にいる消費者に製品、(アクセスする) デジタル コンテンツ、および/またはサービスを提供する自然人または法人。
  10. 距離契約: 製品、デジタル コンテンツ、および/またはサービスの遠隔販売のための組織化されたシステムのコンテキストで、起業家と消費者の間で締結される契約。契約が締結されるまで、独占的または部分的に使用されます。離れた場所で通信するための 1 つまたは複数の技術。
  11. モデル退会フォーム: これらの条件の付録 I に含まれる欧州モデルの撤回フォーム。消費者が注文に関して撤回する権利を持たない場合、付録 I を利用可能にする必要はありません。
  12. 離れた場所で通信するためのテクニック: 消費者と起業家が同じスペースで同時に集まる必要なく、契約を結ぶために使用できるリソース。

記事 2 – 起業家の身元

起業家の名前: Vermeulen beheer BV

名義での活動:

1:14 Customs BV

場所の住所:

Om de kamp 17、7964KTアンセンオランダ

アクセシビリティ:

月曜日から土曜日まで 09.00 uur – 17.00 uur

電子メール: info[at]114customs.com

商工会議所番号:24410647

付加価値税番号: NL817708480B02

第 3 条 – 適用性

  1. これらの条件は、起業家のすべてのオファー、および起業家と消費者の間のすべての距離契約に適用されます。
  2. これらの利用規約のテキストは、距離契約が締結される前に消費者に提供されます。これが合理的に不可能な場合、起業家は、距離契約が締結される前に、起業家で利用規約を参照できる方法と、無料でできるだけ早く送信できることを述べます。消費者の要求。
  3. 距離契約が電子的に締結される場合、前項とは異なり、距離契約が締結される前に、これらの利用規約の文言が電子的手段によって消費者に提供される可能性があります。消費者が耐久性のある媒体に簡単な方法で保存できること。これが合理的に不可能な場合は、距離契約が締結される前に、利用規約が電子的手段で参照できる場所、および利用規約が電子的または別の方法で無料で消費者の自宅に送信されることが明記されます。リクエスト。
  4. これらの条件に加えて、特定の製品またはサービスの条件も適用される場合、第 1 段落と第 2 段落が準用され、相反する条件が発生した場合、消費者はいつでも最も有利な適用条件を呼び出すことができます。彼ら。

記事 4 – オファー

  1. オファーが限られた期間または条件の対象となる場合、これはオファーに明示的に記載されます。
  2. オファーには、提供される製品、デジタル コンテンツ、および/またはサービスの完全かつ詳細な説明が含まれます。説明は、消費者がオファーを適切に評価できるように十分に詳細に記載されています。起業家が画像を使用する場合、これらは提供される製品、デジタル コンテンツ、および/またはサービスの真の表現になります。オファーの明らかな見落としや明らかな誤りは、起業家を拘束するものではありません。
  3. すべてのオファーには、オファーの受諾に関連する権利と義務が消費者に明確になるような情報が含まれます。

第5条 – 契約

  1. 契約は、消費者がオファーを受け入れ、対応する条件を遵守した時点で、第 4 項の規定の対象となります。
  2. 消費者が電子的手段でオファーを受け入れた場合、起業家は電子的手段でオファーの受諾を直ちに確認します。消費者は、この承諾の受領が起業家によって確認されない限り、契約を終了することができます。
  3. 契約が電子的に締結された場合、起業家はデータの電子転送を保護するために適切な技術的および組織的措置を講じ、安全なWeb環境を確保します。消費者が電子的に支払うことができる場合、起業家はこの目的のために適切なセキュリティ対策を講じます。
  4. 起業家は、法定規定の範囲内で、消費者が支払い義務を履行できるかどうかを調査し、責任を持って距離契約を締結するために重要なすべての事実と要因を調査することができます。この調査に基づいて、起業家が契約を締結しない正当な理由がある場合、注文または申請を拒否し、理由を述べたり、実施に特別な条件を付けたりする権利があります。
  5. 起業家は、製品、サービス、またはデジタルコンテンツの配信時までに、消費者に、書面で、または耐久性のある媒体にアクセス可能な方法で消費者が保存できる方法で、以下を送信します。情報:
    1. 消費者が苦情を申し立てることができる起業家の事業所の訪問先住所;
    2. 消費者が撤回権を行使できる条件と方法、または撤回権の除外に関する明確な声明。
    3. 購入後の保証および既存のサービスに関する情報。
    4. 製品、サービス、またはデジタル コンテンツのすべての税金を含む価格。該当する場合の配送費用。および距離契約の支払い、配達または実施の方法。
    5. 契約期間が 1 年を超える場合、または期間が無期限である場合の契約終了の要件。
    6. 消費者が撤回権を持っている場合、モデル撤回フォーム。
  6. 延長された取引の場合、前項の規定は最初の配送にのみ適用されます。

第6条 – 撤回の権利

商品の場合:

  1. 消費者は、理由を述べることなく、最低 30 日間のクーリング オフ期間中に製品の購入に関連する契約を終了することができます。起業家は消費者に撤退の理由を尋ねることができますが、消費者に理由を述べる義務はありません。
  2. 第 1 項に記載のクーリング オフ期間は、消費者、または消費者が事前に指定した運送業者ではない第三者が製品を受け取った翌日から開始されます。
    1. 消費者が同じ注文で複数の製品を注文した場合:消費者または消費者が指定した第三者が最後の製品を受け取った日。起業家は、注文プロセスの前に明確な方法でこれを消費者に通知していれば、配達時間が異なる複数の製品の注文を拒否することができます.
    2. 製品の配送がさまざまな貨物またはコンポーネントで構成されている場合: 消費者または消費者が指定した第三者が最後の貨物または最後のコンポーネントを受け取った日。
    3. 特定の期間中の製品の定期的な配送の契約の場合:消費者または消費者が指定した第三者が最初の製品を受け取った日。

    マテリアル キャリアで配信されないサービスおよびデジタル コンテンツの場合:

  3. 消費者は、最低 30 日間、理由を述べることなく、サービス契約およびマテリアル キャリアで配信されないデジタル コンテンツの配信に関する契約を終了することができます。起業家は消費者に撤退の理由を尋ねることができますが、消費者に理由を述べる義務はありません。
  4. パラグラフ 3 に記載されているクーリング オフ期間は、契約が締結された翌日から始まります。撤回権の通知がない場合に、マテリアル キャリアで配信されない製品、サービス、およびデジタル コンテンツのクーリング オフ期間の延長:
  5. 起業家が撤回の権利またはモデル撤回フォームに関する法的に必要な情報を提供しなかった場合、クーリング オフ期間は、この記事の前の段落に従って設定された元のクーリング オフ期間の終了から 12 か月後に失効します。
  6. 起業家が、元のクーリング オフ期間の開始日から 12 か月以内に、この記事の前の段落で言及されている情報を消費者に提供した場合、クーリング オフ期間は、消費者がこれを受け取った日から 30 日後に失効します。情報。

第 7 条 – クーリング オフ期間中の消費者の義務

  1. クーリングオフ期間中、消費者は製品とパッケージを慎重に取り扱います。彼らは、製品の性質、特性、および操作を確立するために必要な範囲でのみ、製品を開梱または使用します。これの基本原則は、消費者は店舗で許可されている方法でのみ製品を使用および検査できるということです。
  2. 消費者は、第 1 項で許可されている範囲を超えた製品の取り扱い方法の結果である製品の減価償却に対してのみ責任を負います。
  3. 起業家が、契約締結前または締結時に撤回権に関する法的に必要なすべての情報を消費者に提供しなかった場合、消費者は製品の減価償却の責任を負いません。

第 8 条 – 消費者による撤回権の行使とその費用

  1. 消費者が撤回の権利を利用する場合、クーリングオフ期間内にモデル撤回フォームまたは別の明確な方法で起業家に通知します。
  2. できるだけ早く、ただし段落1で言及された通知の翌日から14日以内に、消費者は製品を返品するか、起業家(の正式な代表者)に引き渡します。起業家が製品を自分で収集することを申し出た場合、これは必要ありません。消費者がクーリング オフ期間が終了する前に製品を返品した場合、消費者はクーリング オフ期間を順守したと見なされます。
  3. 消費者は、可能な場合は元の状態とパッケージで、起業家によって発行された合理的で明確な指示に従って、付属のすべての付属品とともに製品を返品します。
  4. 撤回権を正しくタイムリーに行使するためのリスクと立証責任は、消費者にあります。
  5. 消費者は、製品の返品の直接費用を負担します。起業家が消費者がこれらの費用を負担しなければならないと述べていない場合、または起業家が費用を負担することを示している場合、消費者は返品費用を負担する必要はありません.
  6. 消費者が、限定された量または特定の量で販売の準備ができていないサービスの実行またはガス、水、または電気の供給がクーリングオフ期間中に開始されることを最初に明示的に要求した後に撤回した場合、消費者は義務の完全な履行と比較して、撤回時に起業家によって履行された義務の部分に比例した金額を起業家に支払う責任があります。
  7. 消費者は、次の場合、サービスまたは供給の実行にかかる費用を負担しません。
    1. 起業家は、撤回の権利、撤回の場合の費用の払い戻し、またはモデル撤回フォームに関する法的に必要な情報を消費者に提供していません。
    2. 消費者が、クーリング オフ期間中にサービスの実行を開始することを明示的に要求していない。
  8. 消費者は、次の場合、マテリアル キャリアで配信されないデジタル コンテンツの全部または一部の配信の費用を負担しません。
    1. クーリングオフ期間が終了する前に、契約による実演の開始に事前に明示的な同意を与えていない。
    2. 彼らは、同意を与えることで撤回の権利を失うことを認めていません。また
    3. 起業家は、消費者によるこの声明を確認することを省略しました。
  9. 消費者が撤回権を行使した場合、すべての付属契約は法律の運用によって終了します。

第9条 – 撤回の場合の起業家の義務

  1. 起業家が消費者による電子的手段による撤回の通知を有効にした場合、彼らはこの通知の受領後、遅滞なく受領確認を送信します。
  2. 起業家は、返品された製品に対して起業家が請求した配送費用を含め、消費者が行ったすべての支払いを遅滞なく、消費者が撤回を通知した日から 14 日以内に払い戻します。起業家が自分で製品を回収することを申し出ない限り、製品を受け取るまで、または消費者が製品を返品したことを示すまで、早い時期に応じて返済を遅らせることができます.
  3. 起業家は、消費者が別の方法に同意しない限り、消費者が使用したのと同じ支払い方法を使用して返済します。消費者への返済は無料です。
  4. 消費者が最も安い標準的な配送よりも高価な配送方法を選択した場合、起業家はより高価な方法の追加費用を返済する必要はありません.

第10条 – 撤回権の排除

起業家は、次の製品およびサービスを撤回の権利から除外することができますが、起業家がオファーでこれを明確に述べている場合、または契約が締結される前にタイムリーに記載されている場合に限ります。

  1. 起業家が影響力を持たず、撤退期間中に発生する可能性のある金融市場の変動に価格がリンクされている製品またはサービス。
  2. 公売時に締結される契約。公売とは、製品、デジタル コンテンツ、および/またはサービスが、起業家によって、オークションに直接出席するか、直接出席する機会を与えられた消費者に提供される販売方法として定義されます。これにより、落札者は商品、デジタル コンテンツ、および/またはサービスを購入する義務を負います。
  3. サービス契約は、サービスの完全な履行後に、ただし次の場合に限ります。
    1. パフォーマンスが消費者の明示的な事前の同意を得て開始された。

    1. 消費者は、起業家が契約を完全に履行すると、撤回の権利を失うと宣言しました。
  4. 宿泊施設の提供のためのサービス契約 (特定の日付または期間が契約で規定されている場合)
  5. レジャー活動に関連する契約で、特定の日付または期間が契約で規定されている場合。
  6. 消費者の仕様に従って製造された製品で、組み立て式ではなく、消費者の個人的な選択または決定に基づいて製造された製品、または明らかに特定の人向けに意図された製品。
  7. すぐに腐ってしまう、または保管期間が限られている製品。
  8. 健康保護または衛生上の理由から返品に適さない密封された製品で、配送後に密封が破られているもの。
  9. 配達後に、その性質上、他の製品と不可逆的に混合される製品。
  10. 契約締結時に価格が合意されているが、配達は30日後にのみ行われ、実際の価値は起業家が影響を及ぼさない市場の変動に依存するアルコール飲料;
  11. 配達後に封印が解かれた、封印された録音物、ビデオ録音物、およびコンピュータ ソフトウェア。
  12. 新聞、定期刊行物、または雑誌 (これらの購読を除く)。
  13. マテリアル キャリア以外でデジタル コンテンツを配信した後。ただし、次の場合に限ります。
    1. パフォーマンスが消費者の明示的な事前の同意を得て開始された。

    1. 消費者は、起業家が契約を完全に履行すると、撤回の権利を失うと宣言しました。

第11条 – 価格

  1. 提供される製品および/またはサービスの価格は、VAT 率の変更による価格変更を除き、オファーに記載されている有効期間中に値上げすることはできません。
  2. 前述の段落とは異なり、起業家は、その価格が、起業家が影響力を持たない金融市場の変動にリンクされている製品またはサービスを、変動価格で提供することができます。この変動へのリンクと、記載されている価格がガイド価格であるという事実は、オファーに記載されます。
  3. 契約成立後 3 か月以内の値上げは、規制または法定規定の結果である場合にのみ許可されます。
  4. 契約成立後 3 か月からの値上げは、起業家が次のことを規定している場合にのみ許可されます。
    1. これらは、規制または法定条項の結果です。また
    2. 消費者は、値上げが有効になった日から有効な契約を終了する権限を持っています。
  5. 製品またはサービスの提供に記載されている価格には VAT が含まれています。

第12条 – 契約の遵守と追加の保証

  1. 起業家は、製品および/またはサービスが契約、オファーに記載されている仕様、健全性および/または有用性の合理的な基準、および契約締結日に存在する法的規定および/または政府の処方箋に準拠していることを保証しますの中へ。同意した場合、起業家は、製品が通常の使用以外に適していることも保証します。
  2. 起業家、そのサプライヤー、製造業者、または輸入業者によって提供される追加の保証は、起業家がその部分の遵守を怠った場合、契約の規定に基づいて消費者が起業家に対して主張できる法律によって提供される権利および請求を制限することは決してありません。その契約。
  3. 追加の保証は、起業家、そのサプライヤー、輸入業者、または製造業者が拘束されるものよりもさらに進んだ特定の権利または請求が消費者に付与される、起業家、そのサプライヤー、輸入業者、または製造業者のコミットメントとして定義されます。彼らが契約の一部を遵守することを怠った場合の法律。

第 13 条 – 配信と実装

  1. 起業家は、製品の注文の受付と実施、およびサービス提供の要求の評価において、可能な限りの注意を払います。
  2. 消費者が起業家に述べた住所は、配達場所とみなされます。
  3. これらの利用規約の第4条にこの点で記載されていることに従って、起業家は受け入れられた注文を適切な速さで実行しますが、いずれにせよ、別の配達期間が合意されない限り、30日以内に.配達が遅れる場合、または注文が部分的にしか実行できない、または実行できる場合は、注文後 30 日以内に消費者に通知されます。その場合、消費者は無料で契約を終了する権利があり、発生した損害を補償する可能性があります。
  4. 前項に従って終了した後、起業家は消費者が支払った金額を遅滞なく返金します。
  5. 製品の損傷および/または紛失のリスクは、明示的に別段の合意がない限り、消費者または以前に指定され、起業家に知らされた代理人に配達されるまで、起業家にかかっています。

第 14 条 – 延長された取引: 期間、終了、および延長

終了

  1. 消費者は、無期限に締結され、合意された終了規則および1回を超えない通知期間に従って、製品(電気を含む)またはサービスの定期的な配送を目的とした契約をいつでも終了できます。月。
  2. 消費者は、一定期間締結され、一定期間の終了時に製品(電気を含む)またはサービスの定期的な配送を目的とする契約を、この目的のために合意された終了規則を遵守していつでも終了することができます。および最大 1 か月の通知期間。
  3. 消費者は次のことができます。
    1. 前項に記載された契約をいつでも終了でき、特定の時間または特定の期間での終了に限定されません。
    2. 少なくとも、前項で述べた契約を、締結したときと同じ方法で終了させる。
    3. 起業家自身が規定したのと同じ期間の通知で、前の段落に記載されている契約を常に終了します。

    拡大

  4. 製品(電気を含む)またはサービスの定期的な配送を目的とする一定期間の契約は、一定期間の自動延長または更新を行うことはできません。
  5. 前項とは異なり、日刊新聞、週刊新聞、定期刊行物を定期的に配達することを目的として一定期間締結された契約は、消費者が可能であれば、最大 3 か月の一定期間延長することができます。この延長された契約は、延長の終了時に最大 1 か月の通知期間で終了します。
  6. 一定期間締結され、製品またはサービスの定期的な配送を目的とする契約は、消費者が通知期間を遵守していつでも契約を終了できる場合にのみ、一定期間自動的に延長される場合があります。契約が、日刊紙または週刊紙および定期刊行物を定期的に配信することを目的としているが、月に 1 回未満の場合は、3 か月を超えない。
  7. 日刊新聞・週刊新聞・定期刊行物の定期お届けを目的とした期間限定の契約(お試し購読・紹介購読)は、自動的に継続されることはなく、試用期間・紹介期間が満了すると自動的に終了します。間隔
  8. 契約期間が 1 年を超える場合、消費者は、合理性と公平性の基準が期限前の終了に反対しない限り、最大 1 か月の通知期間を設けて、いつでも 1 年後に契約を終了することができます。合意された期間。

第15条 – 支払い

  1. 契約または補足条件で別段の定めがない限り、消費者がクーリング オフ期間の開始から 14 日以内に支払う義務がある金額、またはクーリング オフ期間がない場合は、契約から 14 日以内に支払わなければならない金額入りました。サービスの提供に関する契約の場合、この期間は、消費者が契約の確認を受け取った翌日から始まります。
  2. 消費者への製品の販売の場合、消費者は条件で 50% を超える前払いを義務付けられることはありません。前払いが合意された場合、消費者は、規定の前払いが行われる前に、問題の注文またはサービスの実施に関していかなる権利も主張することはできません.
  3. 消費者は、提供または通知された支払いの詳細の不正確さを直ちに起業家に通知する義務があります。
  4. 消費者が支払い義務をタイムリーに履行しない場合、起業家によって支払いの遅延が指摘され、起業家が支払いを履行するために消費者に14日間の期間を与えた後、消費者は責任を負います。義務、およびこの 14 日間の期間内に支払いがない場合、まだ支払われている金額の法定利率を支払う義務があり、起業家は、それらによって発生した超法規的な回収費用を請求する権利があります。これらの収集費用は、最大で 15% の未払い金額になります。 2,500;後続の10%?次の 2,500 と 5% ? 5,000、最低? 40. 起業家は、消費者の利益のために、記載された金額とパーセンテージから逸脱することができます。

第 16 条 – 苦情手続き

  1. 起業家は十分に公表された苦情手続きを行っており、この苦情手続きに従って苦情に対処します。
  2. 契約の履行に関する苦情は、消費者が欠陥を確認してから合理的な期間内に、完全かつ明確に説明された起業家に提出されなければなりません。
  3. 起業家に提出された苦情は、受領日から計算された14日以内に返信されます。苦情の処理に予想以上の時間がかかる場合、起業家は14日以内に受領確認と、消費者がより広範な回答をいつ期待できるかを示す返信をします.
  4. 製品、サービス、または起業家のサービスに関する苦情は、消費者ページの苦情フォームから送信することもできます。
  5. いずれにせよ、消費者は、相互協議で苦情を解決するために起業家に4週間を与えなければなりません.この期間が過ぎると、苦情手続きの下で訴訟を起こすことができる紛争が発生します。

第17条 – 紛争

  1. これらの利用規約が適用される起業家と消費者の間の契約は、オランダの法律によって独占的に管理されます。

第 18 条 – 追加または異なる規定

これらの利用規約から逸脱する追加の条項または条項は、消費者に不利益をもたらすものではない可能性があり、書面で、または耐久性のある媒体にアクセス可能な方法で消費者が保存できるような方法で確立する必要があります.

世界網の積荷

当日発送

簡単な14日間の返品

14日間の返金保証

100%セキュアチェックアウト

PayPal / MasterCard / Visa

jaJapanese